人間関係と仕事のやり方、人生棒に振る前に退職

少数精鋭のビルのメンテナンス等の管理会社の営業事務でした。私は30代で中途採用で、やっとの思いで採用されました。営業事務の仕事は未経験で、毎日覚える事が本当に多かったのですが、上司や先輩方が優しい方々でしたので、頑張って仕事を全部覚えて頑張る覚悟でいました。

ある日を境に、先輩の態度が豹変し、業務にも支障をきたす様になったので思い切って何か失礼な事や粗相をしたかどうか尋ねてみましたが、特に何も無いの一点張りのままずっとギスギスした状態で仕事もしにくくなりました。

未経験の職種なので、分からない事は何でも聞いてと最初に言われたので、厚意に甘えて、迷惑もかけたくない仕事を必死に覚えたい一心で質問したところ、前も教えたと冷たく言い放されてそれからギクシャクしてしまい、上司も先輩が正しいとこちらの意見を聞かず、指導と言って1時間以上も別室で説教され、その内に私の心身まで異常になってしまい残念ながら退職しました。

とにかく大変な事は、少数精鋭の為か、丁寧なマニュアルや業務内容の指導も統一化されず、しまいには覚えない私が悪いと一方的に咎められる理不尽な会社方針に付いて行けませんでした。教え方も上手くはない割りに一度で覚えろと言い放つ職務怠慢とも言える主張の先輩上司に苦しめられて、本当に人生まで棒に振る所でした。

時間の無駄とも言える地獄の様な転職でしたが、今では彼等を反面教師と思える様になりましたが、傷口が癒えるのに数年かかりました。

標準